top of page
  • 執筆者の写真幹雄 郷

ダイナコ ステレオ35、音が良くなる修理はしない・・・

更新日:2023年11月12日

修理依頼をいただきました、Dynaco stereo 35 です。


アウトプット・トランスが日本のtangoに変わっていますが、仕方ありません。


古いアンプです。何が何でもオリジナルって訳にも参りません。


それとオリジナルと90度向きが違うのも気になります・・・


が、ハムノイズ等のトラブルが無く

そのメーカーなりに、


楽しい音楽は楽しく、

悲しい音楽は悲しく、

喜怒哀楽を表現出来ていれば良いとかと思います。


実際の音を少しお聴きください。



修理はオリジナルパーツが入手不可能な時でも、オリジナルの表現の足を引っ張ってはいけない

   と考えています。


ですので、修理する者の主観である


「音の良くなる改造」

   

はしない主義です。


古いアンプの修理、承ります。

閲覧数:128回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page