• 幹雄 郷

Dual1009 当時のパンフレット

更新日:1月21日

1009の販売当時ですから、1963年ころの物ですね。


1009の売りの一つに


プラッターの重さが3.2kg!


と言うのがあるのですが、


このプレーヤーの特筆すべきは

トーンアームです。


その設計の良さと工作精度。


時代からして、針圧2.0〜5.0g のカートリッジがベストマッチなのはご想像可能かと思います。


実際、Shure M7-N21D やフェアチャイルドSM-1 などを付けますと、それはそれは良い音を聴かせてくれます。


テストしているのを忘れるくらいです。(笑)


現実的にはShure M44シリーズやスタントン500シリーズがおすすめですね。


M44やスタントン(ピカリング)はDJ用だと思っておられる方は、是非聴いてみてください。


出て来る音とその音楽の素晴らしさ

それと見た目のカートリッジとのギャップに驚かれる事必至です。




閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回は修理やオーバーホールではなく、オーディオのシステムのお話しです。 今まで色々なお客様からの相談を受けて参りました。 その色々な中から、 「あれ?、これって足し過ぎなんじゃない?」 と感じた、当方の個人的な思いを書かせていただきます。 以下はお客様からの相談です。 『高域が足りないので、ツイーター(又はスーパーツイーター)を(今のシステムに)足したい・・・』 うーん、どう説明したら良いものか・