top of page
  • 執筆者の写真幹雄 郷

リード線を安全に抜く!

更新日:2 日前

カートリッジ交換における豆知識。(2015.5.12 Facebook投稿から転載)


リード線をカートリッジから抜く時は慎重に。


言われなくても、わかっている!


そう仰りたくなる気持ちは分かります。


でも、たまにいらっしゃるんですよ・・・


指で引っこ抜いたり

ラジオペンチで端子部分やリード線をつまみ、

抜いてしまう方が・・・


そんな事をすりゃ、一発で断線、、、

か、その内片ch から音が出ない、

等のトラブルに見舞われます。


じゃあ、どうすればいいのか?


ですよね。


ピンセットをご用意ください。


これで、カートリッジのピンを挟み、

※ピンですよ、ピン

ゆっくりと滑らして抜く。


この時カートリッジはヘッドシェル

DUALならカートリッジ・ホルダーに

ネジ留めしたままがベストです。


ブラブラしてると断線やカンチレバーの折れ!などのトラブルにつながります。

ご注意ください。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞き比べの罠

今回はオーディオ機器の聞き比べ、 これの罠について思うところを 書いてみたいと思います。 機材の罠、レコードの罠、評論家の罠 大きく分けて、この3つがあると思います。 当方はヴィンテージ機器を扱っている手間、レコード針の聞き比べ、これで話しをすすめたいと思います。 それでは、巷でよくある、 以下の事をイメージしてみてください。 プレーヤー、フォノイコライザー(プリアンプ)、アンプ、スピーカー、それ

留言


記事: Blog2_Post
bottom of page