生き生きサウンドのアンプ達

Dual のプレーヤーをしっかりと受け止めてくれるアンプのご紹介。 きちんとメンテナンスをして、出来る限り元の音質と表現を失っていないアンプを、今後ラインナップして参ります。 先ずはMcIntosh のプリメインアンプから。...

ヴィンテージアンプの修理します

修理依頼をいただきました、Quad33 が出来上がりました。 コンデンサのパンク、容量抜け等々 今回の物はスイッチの接点不良がひどく※、クリーニングに時間がかかりました。 手持ちのアンプQuad405 と、レコードプレーヤーのDual1009 を組み合わせての音出しです。...

Don Nelson をDual1209で聴く

珍しいカートリッジ、Empire 999VEを約0.7g の針圧でセットしました。 このレコードプレーヤー、Dual1209 はオーバーホール済みの在庫ありです。

MCカートリッジはMMカートリッジより優秀?

オーディオマニア、それも歴の長い方には何を今更・・・と一蹴されそうな内容が今回のテーマです。 MC とMM の違いについては、Googleってみてください。 構造を含めて、色々な方が書いておられます。 今回、当方が書くのは、 Dual...

Shure カートリッジ3種の聞き比べ

M70EJ、M75MGD、M95ED の3種を聞き比べてみました。 ※同じ曲の同じフレーズをかけてくれないと、違いが良くわからない・・・ とのご意見をいただきますが、 実はあえてそうしておりません。 ぱっ!と聞いた時の感想で、違いが良くわからない時は、...

VTA(ヴァーチカル・トラッキング・アングル)

ヴァーチカル・トラッキング・アングルについて興味深い事がYouTubeに上がっていました。 https://youtu.be/S81z57UlVos 15度にするにはカンチレバーが長く・・・ https://youtu.be/5XwyfS6HvDc...

SAE 2500 300W×2ch

運良く修理が出来ました。 故障箇所の運が良く? そして、パーツが運良く入手出来た・・・ という意味です。 流石、鬼才のジェームズ・ボンジョルノ氏のアンプです。 お値段 ¥198,000- 保証3ヶ月 でお求めいただけます。 JBL 4343 や4344 を楽々と鳴らせる!...

和室なら10畳、洋間なら12畳までなら

いつもの iPhone での空気録音です。 入り口から出口まで、生き生きサウンドのキャラクターを持つオーディオ機器で揃えると、これくらいのクオリティで音楽を楽しめます。 総額を知ると驚かれることでしょう。 表題の通り和室なら10畳、洋間なら12畳くらいまでなら、この組み合わ...

ハイパワーアンプの罠

今回はハイパワーアンプの罠?です。 こんな条件に当てはまる方、必読?です。 《条件》 ●能率が95dBを超えるような高能率のスピーカーユニットを使っている 又は ●メーカーはJBLや Altec、EV(Electro Voice)...

+α (プラスアルファ)の罠

今回は修理やオーバーホールではなく、オーディオのシステムのお話しです。 今まで色々なお客様からの相談を受けて参りました。 その色々な中から、 「あれ?、これって足し過ぎなんじゃない?」 と感じた、当方の個人的な思いを書かせていただきます。 以下はお客様からの相談です。...

Shure M99/A ? M98/A をDual のホルダーにつけてみた。

このカートリッジは、元々Garrard のTYPE A シェルに付いていました。 Dual で試聴出来る様に付け替えてみた物です。 この縦方向に動く構造は、複数枚のレコード演奏の時の厚みによる、ヴァーチカル・アングルのズレを補正するモデルとして作られました。...

Dual ターンテーブルのオートON針先位置の調整

今回の調整は、あくまでもオーバーホールされた個体か、スムーズにオート動作が出来ている個体にのみ有効です。 オートONが上手く動作しない個体は、本来オーバーホール案件です。 今回の調整のみで上手く機能する可能性は少ないです。...

Dual1009 当時のパンフレット

1009の販売当時ですから、1963年ころの物ですね。 1009の売りの一つに プラッターの重さが3.2kg! と言うのがあるのですが、 このプレーヤーの特筆すべきは トーンアームです。 その設計の良さと工作精度。 時代からして、針圧2.0〜5.0g...

Shure M44シリーズの秘密?

年配の方やご存じの方には当たり前・・・ でも、CD世代やレコード初心者の方々にとって???な、 Shure M44 のカートリッジに付いている数字や記号を説明しましょう。と言った内容の回です。 で写真です。最初期モデルのM44-7です。...

アンプを修理に出す前に

アンプを修理に出す前に お客様側でしていただけると 「ありがたいなぁ」 と思う事を書きます。 アンプを修理に出す・・・それは ●電源が入らない ●音が出ない ●プロテクションが働く と言った分かりやすいものから ●電源を入れてスピーカーONにすると...

3個のDual から2台の完成品を目指す

1台目が残念な事に輸送事故でした。 次にそのパーツ取りにと欠品パーツありの物をゲットし、 更に良さげに見えた物を3台目としてゲットしました。 そうして、オーバーホール前のDual1009 が3台並んでいます。 痛んでいる箇所をチェックしつつ、どのベースを完成品として組み上げ...

修理見積もりが出来るまで

今のオーディオの修理と、ヴィンテージ・オーディオの修理との違い これを少し説明させていただきます。 今、メーカーがする修理は基本的にアッセンブリー交換です。 アッセンブリー交換とは トラブルのある個所の基板(モジュール)を、基板ごとごっそり交換する、と言う方法です。...

Pickering V15/DAC とDual1019 で空気録音♫JAZZをレコードで

レコードプレーヤー、Dual1019 の生き生きとした、迫力あるレコード演奏をほんの少し。 SHURE M44 シリーズとはまた違う良さをDual のプレーヤーが支えます。 かけるレコードは Lee Morgan 《再生機材》 プレーヤー: dual1019...

Dual1019 オーバーホールその2

2台のDual1019 お客様の1019 と当方の1019。 音質に違いがあるか、ご確認ください。 ※同じカートリッジ、アンプ、スピーカー、レコードを使っています。 (その1 の最後に載せた動画と同じ物です) 音質が同じクオリティのベースに...

Dual1019 オーバーホール依頼品 その1

やっと完成しました。 こんな状態から 塗装をし オートメカニズムの パーツを分解し クリーニングをして、仮組み。 出音もOK! Dual らしく、力強くて生き生きとしたサウンドです。 とここまでは良かったのですが・・・ オートOFFの動作が終了する 最後の最後、...