• 幹雄 郷

Dual のヘッドシェル/カートリッジホルダーへの取付とネジ

更新日:2020年8月25日

今回はDual のヘッドシェルにカートリッジを取付る時のちょっとしたコツをご紹介します。


先ずはネジとナットをご用意ください。

その時、ネジの頭が大きい方がおすすめです。

今の主流は頭の小さいタイプですので、ネット等を探してみてください。



写真を見ていただくと分かると思うのですが、ネジの頭が小さい(写真の中、右手)とプラスチック部分に食い込んでしまいます。


シェルの破損につながりますので、お気をつけください。


また、ネジとナットを先程とは逆に取付けた場合は以下の事にご注意ください。


写真左側の様にネジがヘッドシェルの上面から出てしまいますと、アームに取付る際の指掛け兼ロックレバーに干渉します。


取り付け辛いので、カートリッジを落下させてカンチレバーを曲げては何ですし、こじる動作をアームにさせるわけですから、後々の破損につながります。


ネジとナットの入れ替えか、ネジのカットしかありません。


これは写真のモデル1019 タイプと12xxシリーズのタイプに共通します。


モデル1009はその心配はございません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に。ネジはプラスチック部分に痕が残らない程度に締め込んでください。


決してガチガチに締めないでくださいね。

間違いなく破損します。

お気をつけください。


疑問や質問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。


閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回は修理やオーバーホールではなく、オーディオのシステムのお話しです。 今まで色々なお客様からの相談を受けて参りました。 その色々な中から、 「あれ?、これって足し過ぎなんじゃない?」 と感じた、当方の個人的な思いを書かせていただきます。 以下はお客様からの相談です。 『高域が足りないので、ツイーター(又はスーパーツイーター)を(今のシステムに)足したい・・・』 うーん、どう説明したら良いものか・