top of page
  • 執筆者の写真幹雄 郷

Pickering V15/DAC


Dual 1019 用カートリッジホルダー。


一般に知られているSMEタイプとは構造が違うので、ヘッドシェルと言うよりもカートリッジホルダーがあっているかと思います。


これの程度のよい物が入手出来ましたので、ご紹介します。

先ずはやって来たまんま。

くすみや汚れがあるものの、とても良い状態です。

カートリッジも断線しておりません。


でも針先はこんな感じです。

無垢のダイヤ針ですが、汚れていますね。


クリーニングをしました。

少し拡大します。 




全体もクリーニングしました。

接点ももちろんクリーニングしてあります。


※Pickering の型番について

今回の「V15/DAC」なら、

V15 はヴァーチカルアングルが15度。

シュアーのV15と同じ由来ですね。

で、続きのDACは

D: ダイヤモンド、当時はサファイア針もまだまだ現役です。

A: オートマチック

C: チェンジャー 針圧3.0〜7.0g推奨


なので、 DATと書いてあるモデルは、ダイヤモンド針、オートマチック・ターンテーブル用を意味するそうです。

ちなみに針圧は2.0〜5.0gが推奨されています。

Dual もオートマチック・チェンジャーですが、針圧1.0g 程度の軽さできちんと動作するモデルは珍しかったようです。


閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞き比べの罠

今回はオーディオ機器の聞き比べ、 これの罠について思うところを 書いてみたいと思います。 機材の罠、レコードの罠、評論家の罠 大きく分けて、この3つがあると思います。 当方はヴィンテージ機器を扱っている手間、レコード針の聞き比べ、これで話しをすすめたいと思います。 それでは、巷でよくある、 以下の事をイメージしてみてください。 プレーヤー、フォノイコライザー(プリアンプ)、アンプ、スピーカー、それ

תגובות


記事: Blog2_Post
bottom of page