• 幹雄 郷

DUAL1229 のオーバーホール作業

作業写真をスライドショーにしてみました。

後は木製のベースのリペアとキューイン機能のスピード調整が残っていますが、ほぼほぼ終わりです。


しかし、電源スイッチ部分のピン折れは12xxシリーズの宿命なのでしょうか?・・・


この個体も例外なくそうでした。


また、東志さん時代に日本にやって来たDUALはこれまた高い確率でモーターの整備に骨が折れます。


湿気はヴィンテージ・オーディオには大敵です。


こらからのシーズンはしっかりと除湿しましょう。


ヴィンテージ・オーディオのベストコンディションを保つコツ❗️ですね。


DUAL1229 オーバーホールでした。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示