top of page
  • 執筆者の写真幹雄 郷

Pickering V15/DAC とDual1019 で空気録音♫JAZZをレコードで

更新日:2021年9月28日

レコードプレーヤー、Dual1019 の生き生きとした、迫力あるレコード演奏をほんの少し。


SHURE M44 シリーズとはまた違う良さをDual のプレーヤーが支えます。


かけるレコードは Lee Morgan

《再生機材》

プレーヤー: dual1019

※カートリッジ: Pickering V15/DAC

アンプ: McIntosh MA6200

スピーカー:Celestion SL6si


《録画録音》iPhone12 Pro Max


※カートリッジのピカリングについて

ピカリングといえばJD用で、Hi-Fiじゃあない・・・と思われる方も多いでしょう。


戦略としてDJ仕様となる事で生き延びたのであって(SHURE M44 と一緒ですね)

1960年代後半から70年代にかけてはごく普通の民生用カートリッジです。


ちなみにピカリングのアップグレード?業務?としてのブランドがStanton。

ここのモデル500 がこのV15とそっくり。

そしてこの500が当時のFM局で使われていたもよう。

「500 Broadcast Standard ・・・」と書いてあります。



閲覧数:277回2件のコメント

最新記事

すべて表示

2 commentaires


osamu tanisho
osamu tanisho
30 sept. 2021

先程アンプの見積もりを依頼した者ですが、オーディオ愛あるHPを拝見しました。v-15type4,electro acustic455-e、DL103と103gold,empire4000/3をDENON DP80とtechnicsSL-01とC1000+QUAD520を604-8G、4311、ソナスファベールミニマで聴いてます。2405をLCかチャンデバで付けるか迷ってます。また相談に乗って下さい。

J'aime
幹雄 郷
幹雄 郷
30 sept. 2021
En réponse à

コメントをありがとうございます😊 修理の件に関しましては、あまりお力になれず、申し訳ございません。 システム構築でお迷いの際はお気軽にお声掛けください。

J'aime
記事: Blog2_Post
bottom of page