top of page
  • 執筆者の写真幹雄 郷

私見と偏見のDual オートチェンジャーの特色!

更新日:2023年5月13日

リクエストもいただきましたので、Dual の各モデルの大まかな特徴を書かせていただきます。


●モデル1009 (1963-65年頃)


当時の販売促進グッズらしき物に

こうあります。

「オーディオマニアはもう既にマニュアルプレーヤーに買い替えたのに、何を今更オートチェンジャーを勧めるのか?」

今でも通用する文言ですね。


ユーザーからのハガキには

Dual1009 の前のプレーヤーは

『ガラード301』や『トーレンスTD124』です と言った物があります。


こちらをご覧ください。



カートリッジは針圧1.0-4.5gくらいの物がベストマッチです。

自重が重い物や、カンチレバーが短い物と良く合います。

それと丸針の良さを再認識出来る事請け合います。


古いJAZZやモノーラル盤がメインの方に一押しです。 




●モデル1019 (1965〜70年頃)



こちらは1965年から3年連続でアメリカでベストバイを取った名器です。


岩崎千明氏のレポートでお読みください。



カートリッジは針圧1.0〜4.0gくらいの物がベストマッチだと思います。

※軽針圧でもカンチレバーが細くない方が楽しめると思います。


Shure M44シリーズやM75シリーズ、スタントン、ピカリング、エンパイアのこの時代の物がおすすめです。


新旧織り混ぜてレコードを楽しまれる方にベスト!




●モデル1209(1969?-72?)



これは前出の2モデルに比べて、少し大人しい?音調でしようか。

ダンディーでエレガントなヨーロッパ調です。

もちろんガッツ溢れる2モデルと比べてと言う意味です。


アメリカンJazzよりパリのJazzが良く似合うと思います。


そう云う意味ではQUADやヨーロッパのアンプとも良く合い、オールマイティです。


※個人的に、この1209にQuad33、303、Bose301MM初期型の組み合わせが無人島?に持って行くミニマムベストです。


カートリッジは針圧0.75〜2.5gくらいの物がベストマッチ。


Shure M75 シリーズやM90番台、グラド、ゴールドリングが良く似合うと思います。




●モデル1218(1971?-73年ころ)



1209 のローマス・ハイコンタイプのカートリッジ対応モデル、と考えていただいて良いと思います。

モーター、プラッターが共通で、アームの初動感度のみが上がっています。


※アームの初動感度が軽ければ音が良い、と云うものではありません。



針圧 0.75-2.0gくらいまでの物が良く似合うと思います。

Shure M90番台シリーズを中心にV15シリーズ、M75シリーズ、ピカリングのxv15 シリーズの魅力を引き出してくれます。


1980年前後のロックやPOPSを乗りよく上手く鳴らしてくれます。

もちろんクラシックやJAZZも鳴りますよ。

1009や1019に比べると少しサラッとしています。


気軽にレコード生活!に一押しです。



●モデル1219&1229(1970-76年頃)



岩崎千明氏のレポートでお読みください。



1219 のストロボ付きが1229と考えていただいていいと思います。



きちんと整備、オーバーホールがなされているこのモデルの個体は素晴らしい音がします。

残念な事にほとんどありませんが・・・


針圧 0.75-2.0gくらいまでの物が良く似合うと思います。


適合カートリッジは、

はっきり言ってShure V15 シリーズ!


エネルギーが高域に偏りがちなこのモデルから、軽やかでワイドレンジで馬力ある再生音を引き出します。


他にはShure M90番台シリーズやADC、エンパイア、Elac 等の軽針圧でカンチレバーが細く長いタイプがおすすめです。


レコードは70年代以降の物にマッチします。




以上といったところです。



「結局どれが1番良い音ですか?」とお客様から尋ねられる時がございます。


質問を質問で返して申し訳ないのですが、

「レコードはどの年代の物が多いですか?」

「どんな音楽表現がお好きですか?」

「お使いになりたいカートリッジはありますか?」

となります。


あなたのとっての1番は

 あなた自信が聴いて

  あなたがお決めになる事です。


心許ない時はご相談ください。

お力になれると思います。


ご質問やご視聴等はお気軽にメッセージをください。

最新記事

すべて表示

聞き比べの罠

今回はオーディオ機器の聞き比べ、 これの罠について思うところを 書いてみたいと思います。 機材の罠、レコードの罠、評論家の罠 大きく分けて、この3つがあると思います。 当方はヴィンテージ機器を扱っている手間、レコード針の聞き比べ、これで話しをすすめたいと思います。 それでは、巷でよくある、 以下の事をイメージしてみてください。 プレーヤー、フォノイコライザー(プリアンプ)、アンプ、スピーカー、それ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page